おりものの臭いやデリケートゾーンの臭いを一気に消臭

医者

治せる症状

悩み

鏡の前に立った時、大陰唇から小陰唇の姿が見えた場合は、高い確立で大陰唇肥大になっている可能性があります。この場合、放置をすると、大陰唇肥大によるおりものの増加や臭いを発する危険性が高く、痒みや痛みを引き起こすことがあります。また、大陰唇肥大が認められると今度は、下着のこすれによって黒ずんでくるため、見た目がかなり悪くなってしまいます。ですから、小陰唇肥大を改善するためにも美容整形外科で治療をすべきと言えるのです。

小陰唇肥大の原因は様々ですが、一番に考えられる要因はやはり先天性である場合がほとんどのようです。また、出産を終えた時や思春期にも大陰唇肥大が認められるため、決して先天的とは言えない部分があります。少なくとも、様々な要因が重なっているため、これが要因とは強く言えない状態です。また、慢性的な大陰唇肥大による炎症も、加齢によるものなので、原因がいくつか挙げられているとは言え、小陰唇肥大に関しては分からないことが多々あることが分かります。このような小陰唇肥大も、手術で改善出来るようになったため、深く悩むことがなくなりました。また、手術をしたことで、あちこちにとんでいた尿の分散もなくなり、座った時の圧迫感や、痒み、おりものの量も見事改善されているので、小陰唇肥大に悩まされている場合は、話を聞いてもらうために美容外科をお邪魔しましょう。手術に関する詳しい説明や小陰唇肥大について丁寧に教えてくれます。